気功治療・遠隔治療の専門院 外気功療法さいたま院、埼玉県

 

 
 
 
 
 

気功治療のテーマ別考察  うつ病、心・精神の病  一般的な治療法・病気の考え方


 うつ病、心・精神の病

一般的な治療法・病気の考え方


薬物療法が中心的治療法になります。
それと平行してデイケア等を実施している病院もあります。
薬物療法の根拠としてドーパミンやセロトニン・ノルアドレナリンなどの神経伝達物質が亢進したり、機能低下した場合に症状が現れると捉えているからです。(この神経伝達物質の亢進や低下は実は原因ではなく、肉体に現われた結果なのです。詳しくは後述します。)

私の実感では色々な種類の薬のうち心・精神の病の薬が最も作用していないのではないかという気がしています。
なぜなら当院には長年抗うつ剤や抗不安剤などの薬を飲み続けていながら一向に改善しないというお客様が多く来院するからです。
もちろん、薬物療法が奏功して健康になったという人も多いとは思います。
しかし、うつ病、心・精神の病は身体を巡る気(エネルギー)の波動が異常になっているために起こる症状であることを実感として認識していますので、果たして心や精神の病に薬という化学物質が効くのだろうかと思えてしまうのです。
以前うつ病でご来院になったお客様で製薬会社のMR(営業)の方がいました。
その方が言うには「自分は確かに以前うつ病だったと思う。しかし、今は実際には治っていて薬の副作用で現在の症状が現れているに違いない。」と、薬の副作用の弊害を訴えていました。この例のようにうつ病の薬がうつを助長することがあるようなのです。

〔 抗うつ薬(SSRI) は本当に効くのか? 〕
ここに『「うつ」を克服する最善の方法ー抗うつ薬SSRIに頼らず生きるー』(生田哲〔講談社〕)という本があります。
生田哲さんは薬学博士で東京薬科大学大学院修了後、イリノイ工科大学助教授になった薬学の専門家です。
この本の主旨は一言で言うと抗うつ剤にはうつを治す力はない、さらには深刻な副作用をもたらすということです。
SSRIとは、脳内のセロトニンが不足することでうつが起こるという仮説に基づき、脳内のセロトニンを効率的に使うための薬を称して言います。

【 世界で発売される抗うつ薬 SSRIとSNRI 】
  商品名 成分名
SSRI プロザック フルオキセチン
パキシル パロキセチン
ルボックス フルボキサミン
ゾロフト セルトラリン
セレクサ シタロプラム
SNRI セルゾン ネファゾドン
エフェクサー ベンラファキシン


この本の一部を抜粋しますので、薬物療法の是非をご自身で一度考えて対処いただきたいと思います。

   「うつ病を改善する力はない抗うつ剤だが、深刻な副作用を起こす力だけは持っている。
        (中略)SSRIは脳を異常に興奮させ、服用した人を凶暴化し、自殺や暴力犯罪を引き起こす
        と思えば、反対に、脳の働きを抑制し、うつを悪化させてしまうという皮肉な面も持ち合わせて
        いる。また、SSRIの服用をはじめるのは容易だが、止めるのは難しい。
        依存性がある証拠である。じつは、SSRIに関するこれらの重大な事実は、まだわが国の
        医師の多くには知らされていない。」

  SSRIが引き起こす脳への主な副作用

 (1)脳に恒久的な損傷を与える(セロトニン受容体の死滅)
 (2)脳を危険なまでに興奮させるため、「躁状態」を引き起こす
 (3)自分を正確に判断できなくなる(人間関係の冷却化、愛情の破壊、インポテン
    ツによる結婚生活の破綻)
 (4)うつや自殺願望を引き起こす
 (5)人を犯罪にかりたてる
 (6)暴力行為を引き起こす


 うつを発生させることが知られている精神科の薬
抗うつ剤 プロザック、パキシル、ルボックス、ゾロフト、セレクサなどのSSRI
興奮性薬物 リタリン、メタデート、コンセルタ、デキセドリン、アデレル
抗不安薬や睡眠薬 ザナックス、ハルシオン、アチバン、クロノピン、リブリウム、バリウム
などのベンゾジアゼピン誘導体
抗精神病薬
(抗統合失調症薬)
リスペリドール、ザイプレックス、セロクエル、クロザリル、ハルドール、プロリキシン


 SSRIの離脱症状
身体にあらわれる症状 めまい、吐き気、嘔吐、胃腸障害、疲労、筋肉痛、悪寒、睡眠障害、
悪夢攻撃的で衝動的な行動
感情面にあらわれる症状 不安、動揺、イライラ、突然の大泣き、落胆、頭の回転が鈍くなる、心の混乱、記憶の障害
もっとも危険な症状 うつの深刻化、強い自殺願望、躁状態(家族を失う、経済的な破壊、
暴力沙汰など)

これ以上の詳しい内容については本をご購読の上、ご判断下さい。
この本に書かれている内容は世界の最先端の医学情報であるということです。
同じような内容の類書や記事を目にしたこともありますからおそらく事実であると思います。
しかし、SSRIに副作用があるからといって、これまで服用していたものを急にやめてしまうと上記の離脱症状があらわれますので危険がともないます。
必ず医師の指示の下で減薬していくようにして下さい。


                                   うつ病、心・精神の病/気功治療の観点からの発症の原因 
                                               うつ病、心・精神の病/気功治療の実際 


             気功治療の外気功療法さいたま院、お問い合わせ

ページ先頭へ