気功治療・遠隔治療の専門院 外気功療法さいたま院、埼玉県

 

 
 
 
 
 

内臓疾患・ガン(悪性腫瘍)・腫瘍・婦人病など  一般的な治療法・病気の考え方


 内臓疾患・ガン(悪性腫瘍)・腫瘍・婦人病など

 一般的な治療法・病気の考え方


薬物療法を中心に、外科的手術・放射線療法で対処していくのが一般的です。

基本的に西洋医学は症状のある部位のみを診て、その症状をなくすか抑えるかという対処をします。
薬物療法の場合も同じく局所をみて薬物を処方していくため、その部位が良くなっても副作用で別の症状が発生することもあり、そのためにまた別の薬物を処方し・・・というサイクルに陥り数種類の薬を毎日飲んでいるという方も多いようです。
薬物の進歩により、以前は手術でしか対応できなかった症状が切らなくても薬で治るようになったケースも多くその効果は目覚しいものがあると思いますが、その一方で薬を長年飲んでいても改善がみられないというケースも多々あります。
手術の場合は症状のある部位を切除してしまいますので、精神的に安堵感が得られます。
しかし、肉体の一部を取り除くとその部分の気の流れが分断される上に他の臓器などに負担が強いられるようになり、QOL(生活の質)が落ちてしまうこともあります。

症状のある部位を除去することでは病気が発生した原因であるエネルギー(気)の変調は改善されたことにはならないため、再発や別の症状として現れることが懸念されます。
なぜ病気になったのか、このことを探求していくことが大切なことです。
 

 

      内臓疾患・ガン(悪性腫瘍)・腫瘍・婦人病など/気功治療の観点からの発症の原因
                                 
内臓疾患・がん(悪性腫瘍)・腫瘍・婦人病など/気功治療の実


気功治療の外気功療法さいたま院、お問い合わせ

ページ先頭へ