膵臓腫瘍

 

 
 
 
 
 

気功治療カルテ 【 膵臓腫瘍 (閉塞性黄疸) 


膵臓腫瘍

  

 気功治療の実際

 
K様(51才、男性)〔埼玉県さいたま市〕施術回数10回 

 

 病気の発症から現在までの病歴

 
6月5日に黄疸症状があり、6月14日まで病院で検査をしていました。
膵臓に腫瘍があり,胆管が圧迫されているとのことでした。
悪性か良性かは分かっていません。
病院は6月15日に退院しています。

病気になって,家族との絆が深まり、逆に感謝している面もあるのですが、根本的なところからやり直したいと思っています。
 
 

 気功治療の経過


 第1回目 6/19


〔 施術直後のご感想メール〕
施術開始直後から終了まで、目から自然と涙が溢れていた
愛に近い優しい気に触れて幸せの涙だったと思います。
慈愛(宇宙的大きな愛)に満ちていると、私も人のために役に立ちたいと強く思った。
時々、お尻からお腹に、ビリビリと電流のような気がものすごい勢いで入ってきた
ビリビリしている間、特に涙が多く出ていた。
膵臓周辺がブクブクと動いている様でした。
体全体がポカポカして気持ち良く、スッキリした感じで施術を終えた。
施術後、涙で前が見えない状態でした。

〔 施術翌日のご感想メール〕
全体的に体調が良くなってきている感じがします。
時々、寒気とかで気分が悪いことがあったのがなくなった。
病気の不安がなくなった。
 
〔 院主のコメント 〕
「電流の様な気がバリバリと身体を巡っていた。これは体験してみないと分からない」とおっしゃられていました。「ウウッ」と身体をもだえる様にしていたのが印象に残っています。

 

 第2回目 6/20

 
〔 施術直後のご感想メール 〕
施術開始直後は、まず頭部が熱く感じた。
徐々に体全体がポカポカして気持ち良くなった。
それに伴って、呼吸数も少なくなって、中に浮いてるような感じがした。
時々、お尻からお腹に、ビリビリと電流のような気がものすごい勢いで入ってきた。
ビリビリしている間、自然と涙が出ていた。
また、涙がでている間、愛に近いものを感じた。
膵臓周辺がブクブクと動いている様でした。
体全体がスッキリした感じで施術を終えた。
力が体中から溢れるくらい元気になった。

〔 施術翌日のご感想メール 〕
全体的に、昨日よりは体調が良くなってきている感じがします。
食事が数倍おいしくなった。
また、普段は気がつかない花の香りがするようになった。
味覚と嗅覚が鋭くなったのだと思います。

 

 第3回目 6/21

 
〔 施術直後のご感想メール 〕
施術開始直後は、耳に脈打つようなドックンドックンという音が続く。(実際には音はしていない。)
首周辺が少しずつ動くようになった。
頭の中に水門が開くようなイメージがうかんだ後、上半身が勝手に動いた。
意識しなくても複数の筋肉が一度に動いていた。
動きが強くなると、声を上げて泣いていた
しばらくこのような勝手に動く現象が続いた後、体から何かでてきく感じがして、
その後、動きは止んだ。
後半は、膵臓周辺がブクブクと動いている様でした。
体全体がスッキリして、幸せな笑顔で施術を終えた。
 
〔 院主のコメント 〕
「身体が一度にあちこち動き出し嗚咽(おえつ)が出て涙が止まらなかった。」「何か悪いものが出て行った様で終わった後はスッキリしている。気功水を術前に飲んだからでしょうか?」とおっしゃっていました。がんのお客様には当院の気功水をよくご利用頂いています。

〔 施術翌日のご感想メール 〕
夜になり,お腹が活発に動くようになりました。
2箇月前に転んだときにできた膝の傷跡が、急激に治ってきた。(色が薄くなってきた)
 
 

 第4回目 6/22

 
〔 施術直後のご感想メール 〕
施術開始直後は、首周辺が少しずつ動くようになった。
徐々に、上半身が勝手に動いた。
意識しなくても複数の筋肉が一度に動いていた。
体が何かを口から外に出そうとしている様な感じでした。
後半は、温かい波のようなものが体に入って、体が静まった。
安らぎに満ちて、寝ているようでした。
体全体がスッキリして、気持ちよく施術を終えた。
気がつくと、目が涙で溢れていた。
 
〔 院主のコメント 〕
「臭覚・味覚とも敏感になっている。歩いていると花の香りが向こうから自分に来る感じがする。一度死んだと思い、治ったら人の為に役立つ様生きていきたい。日々生きていることに感謝の思いが湧いてくる。起きたら窓を開け天を拝む、自然にそうなった。自分が日々変わっている感じがする。」とおっしゃっていました。
 
〔 施術翌日のご感想メール〕
夜、深く眠れるようになった。
また、寝ているとき楽しい夢を見るようになった。
今日も、食事が最高においしかった。
日増しに、体調が良くなってきている感じがします。
 
 

 第5回目 6/23

 
〔 施術直後のご感想メール 〕
施術開始直後から、背中が熱くなった。
時々、首周辺が少し動いた。
お腹周辺が内部までピリピリしたり、
チクチクしたり、かゆくなったり、時々、膵臓が動いた。
体全体が熱くなると、安らぎに満ちて、寝ているようでした。
時々、光のようなものがグルグル回っているようなものが見えた。
(実際には目を閉じていたので、目で見てはいません)
後半になって、意識しなくても、お腹周辺の複数の筋肉が一度に動いていた。
体が何かを口から外に出そうとしている様な感じでした。
体が静まった。
体全体がスッキリして、気持ちよく笑顔で施術を終えた。
気がつくと、目が涙で溢れていた。
施術が終わっても、体が燃えるように熱かった
 
〔 院主のコメント 〕
「身体が熱かった。とにかく熱い。お腹にズンズンとエネルギーが来た。膵臓がドクンドクンと動いたり、痒くなったりした。毎日生まれ変わっていく感じがする。神様が支えてくれているのでしょうか?」「300%効いた感じ。効くのが自分で分かるのは凄いことだと思う。病院ではこんなにニコニコできません。熱くて動けません。」とおっしゃっていました。
 
〔 施術翌々日のご感想メール〕
6/25朝に目が覚めて気がついたことですが、
施術中と同じように、背中が熱くなっていた。
特にお腹(膵臓)の下の1点からポカポカとしたものが、入ってきているようでした。
目覚めはスッキリしていて、施術が終った時のようでした。
気持ちがよかった。
 
 

 第6回目 6/25

 
〔 施術直後のご感想メール 〕
施術開始直後から、体が自然に動いた。
お腹周辺が内部までピリピリしたり、
時々、お腹の中が動いた。
また、体が何かを口から外に出そうとしている様な感がする時があった。
突然、体の動きが止まって、心が安らぎに満ちていると、目の前が真っ白な状態になった。雲の上にいる感じがした。
しばらくすると、紫色の光の固まりが目の前に近づき、大きくなったり、小さくなったりして輝いていた。
とても神聖なもののように感じた。
またしばらくすると、黄色の輪の光が、私から出ていくように、現れては消えていった。
またしばらくすると、緑色の固まりの光が、私から出ていくように、現れては消えていった。
光が見えなくなると、また体が自然に動いた。
後半は、温かい波のようなものが、リズム的に体に入ってきました。
体全体がスッキリして、気持ちよく施術を終えた。
今日も、目が涙で溢れていた。

紫色の輝きの記憶が頭から離れない、思い出すたびに体が清められる感じがして、その度に周りの環境も変化するようです。
これから、体にも大きな変化がありそうな予感がします。
 
〔 院主のコメント 〕
「急に真っ白な世界に入った。この世とは別の世界だということがすぐ分かった。」「本当にビックリの体験をした。行って来た~という感じです。」とおっしゃっていました。
K様が見ている光とは神のエネルギーです。神聖で美しいエネルギーが心身を浄化してくれるのです。
 
 

 第7回目 6/26

 
〔 施術直後のご感想メール 〕
施術開始直後から、体が自然に動いた。
お腹周辺が内部までピリピリしたり、時々、お腹の中が動いたり、痛い感じがした。
また、体が何かを口から外に出そうとしている様な感がする時があった。
体の動きが止まって、心が安らぎに満ちていると、左上遠くに、ピラミッド状の大きなものが現れた。
その後、ピラミッド状の上に大仏様(微笑んでいたよう)が現れ、スーット近くまで来た。
後半は、体全体が燃えるように熱くなり、最後には燃え尽きて何も残っていない状態を感じた。
炎には優しさが溢れているように思えた。
体全体がスッキリして、気持ちよく施術を終えた。
今日も、目が涙で溢れていた。

〔 施術翌日のご感想メール 〕
夜寝ている時、お腹の中がムズムズして、かゆくなったり、ピリピリした。
背中からお腹に温かいものが入ってきて、お腹の中が熱くなる感じがした。
朝は、スッキリ目覚めて気持ちがよい。
 
 

 第8回目 6/27

 
〔 施術直後のご感想メール 〕
施術開始直後から、体が自然に動いた。
お腹周辺が内部までピリピリしたり、時々、お腹の中が動いたりした。
また、体が何かを口から外に出そうとしている様な感がする時があった。
時々、大粒の涙がでて無意識の中で泣いていた。
お腹を中心に、ものすごく熱く、体が燃えているようでした。
途中、体の動きが止まって、心が安らぎに満ちていると、桜が満開の景色を空中から見ていた。
後半も、体全体が燃えるように熱くなり、最後には燃え尽きて何も残っていない状態を感じた。
炎には愛に近い優しさが溢れているように思えた。
炎が最大になると、涙がポロポロと出てきた。
体全体がスッキリして、気持ちよく施術を終えた。
今日も、目が涙で溢れていた。
 
〔 院主のコメント 〕
施術中に当てている手の下で「ボン!」と大きく腹部がなりました。

〔 施術翌日のご感想メール 〕
黄色い便と一緒に、黄色い液体が出てくることがあった。
腫瘍が小さくなって胆官が開いてきたと思います。
まだ、完全に黄色い便ではありませんが、施術の効果が現れてうれしかった。(感謝)
 
 

 第9回目 6/28

 
〔 施術直後のご感想メール 〕
施術開始直後から、体が自然に動いた。
右足から左の手と頭の方向に、電流みたいなものが最後まで勢いよく走っていた。
お腹周辺が内部までピリピリしたり、常に、お腹の中が動いていた。
また、体が何かを口から外に出そうとしている様な感がする時があった。
一瞬、お腹がチクッとして痛いときがあった
お腹を中心に、ものすごく熱く、体が燃えているようでした。
体の中から悪いものが出尽くした後、最後の方で、体の動きが止まって、心が安らぎに満ちていると、
宇宙と一体となる感じがした。
体全体がスッキリして、気持ちよく施術を終えた。
今日も、目が涙で溢れていた。
 
〔 院主のコメント 〕
「途中何度か雷に打たれた様な凄いのがズバー!と入ってきて腹部に痛みが出た」とおっしゃっていました。


〔 施術翌日のご感想メール 〕
施術後、数時間は眠くなり、動けなかった。
朝までに、体の中にある全ての便がでた
体の中の細胞が若返ったように元気になった。
体の免疫力が数倍アップしたように感じます。
 
〔 院主のコメント 〕
他の方もそうですが、大量の便が出た後に体調がグンと良くなることは多くあります。
大量の排便も浄化の反応の一つです。
身体が体内の毒素を出したのです。
 
 

 第10回目 6/29

 
〔 施術直後のご感想メール 〕
施術開始直後から、体が自然に動いた。
時々、お腹周辺が内部までピリピリした。
また、体が何かを口から外に出そうとしている様な感がする時があった。
毎回共通することですが、波のようなものから、愛のような、あたたかいものを感じたとき、涙が自然と溢れます。
お腹が、チクッと痛くなった瞬間、お腹の上に、大きな存在が現れた
その威圧感で、体が押しつけられて、動くことができなかった。
それから、しばらくは、お腹の悪いものを取られているような感じがした
。(手のようなもので、)
この時、大粒の涙が自然と流れ泣いていた。(愛のような優しさを感じたとき、特に涙が出た)
最後は、やわらかいもので、しばらく、なでられたように感じた。
施術中は、ずっと、お腹を中心に、ものすごく熱く、体が燃えているようでした。
体全体がスッキリして、気持ちよく施術を終えた。
今日も、目が涙で溢れていた。
 
〔 院主のコメント 〕
「何か大きく偉大な者、人間でないのはその威圧感ですぐ分かったが、それが上からドーンと乗っかって来て、膵臓の腫瘍を次々とつまみ出していった。」とおっしゃっていました。
 
 
この後、K様は病院で検査をし、手術を受けられました。

ご退院後に頂いたメールです。 

お陰様で、現在,元気に社会復帰しています。
本当にありがとうございました。

手術して分かったことですが、当初5センチあったガンは3センチまで縮小していました。
もし、水野先生の所に行っていなかったら手術できないで死んでいたかもしれません。
小さく縮小したことにより最小限の手術で済みました。
通常であれば手術できないことがほとんどと言われ、水野先生の施術の効果と思います。

水野先生のビリビリとしたものが私に効いたようです。
本当に奇跡です。
ありがとうございます。
施術中は、いろいろな体験をさせていただきました。
特に良く泣きました。
お陰様で、心がスッキリして、毎日幸せな生活を送っています。
本当に感謝しています。

 
院主からのひとこと 
 
K様は毎回涙を流されていたと思います。
涙は浄化のサインです。
人は他人に言えない様な辛いこと、大変な思いを自らの胸の奥等にしまいこんでいます。
それは気(エネルギー)のブロックとなって身体の正常なエネルギー循環を妨げます。
長い間の気(エネルギー)の滞りが肉体面に現れたのががん(腫瘍)であり、がんはある意味「心のしこり」とも言えます。
 
塩は浄化の力が強い物のひとつであります。
涙がしょっぱいのは人の色々な思いを浄化しているからです。
 
「一度死んだと思い、治ったら人の為に役立つ様生きていきたい。」とK様は言っていました。
ただ、「治りたい」だけでは弱いのです。
「治して頂いたら人のために生きたい」と心の底から思えると終わるはずの寿命も神から延長して貰えることもあるのだと思います。
 
K様は施術を通して不思議な神秘体験をしました。
それもそのような思いに神が応えたのかもしれません。
膵臓腫瘍があると分かった時点でほとんどが手術できないのが現状です。
腫瘍の縮小によって手術が受けられ、現在も健康に過ごされているというのは私には神の恩寵に思えて仕方ありません。

 
 

ご相談ご予約

 

ページ先頭へ