気功治療・遠隔治療の専門院 外気功療法さいたま院、埼玉県

 

 
 
 
 
 

整形外科的疾患(運動器・脳・脊髄・神経) 一般的な施術法・病気の考え方



 

 一般的な施術法・病気の考え方


症状のあるところ(=病所)のみを施術の対象としています。
治療方法は、痛み止めの服用、神経ブロック療法、注射療法、手術、ギブス療法(安静にする目的)、牽引などがあります。
また、痛みがある時にはシップを出されます。

これらの療法で効果が出ることもあるのでしょうが、総じて病気の原因を解消することなく痛みを麻痺させたり抑えたりする対処療法のように思えます。


 


                                                                            整形外科的疾患/気功治療の観点からの発症の原因 
                                                                                                   整形外科的疾患/気功療法の実際  



外気功療法さいたま院、お問い合わせ

 

ページ先頭へ