気功治療・遠隔治療の専門院 外気功療法さいたま院、埼玉県

 

 
 
 
 
 

外気功療法さいたま院 NEWS

2010年10月1日 料金&営業時間改定のお知らせ

2010年10月1日以降に受け付けたご予約より料金の改定をさせて頂きます。
お客様にご満足頂けるより高いパフォーマンスをご提供させて頂くためにも、何卒ご理解ご協力の程よろしくお願い致します。

< メニューの改定点 >
・気功療法・難病ヒーリングコースの新規設置
・気功療法30分コースの新規募集の中止

< 営業時間の変更点 >

  旧来          : 10時~21時(最終受付20時)
 2010年10月以降 : 10時~20時30分(最終受付19時30分)

 理由 : 気功療法・難病ヒーリングコース設置に伴い、20時30分より遠隔ヒーリングを行うため

  詳しくはこちらをご覧下さい。

2011年3月28日 サイトリニューアル工事中のご案内


「うつ病・自律神経失調症の新説 ~気功師の体験から~」は現在サイトリニューアルのための工事を行っております。
利用者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

2011年3月28日 計画停電についてのお願い


計画停電が実施されるにあたり、当院でも停電の時間は営業を一時中断せざるをえない状況となっております。計画停電は先の予定が見えないため、ご予約頂いたのにも関わらず変更をお願いさせて頂くこともあるかもしれませんが、何卒ご了承願います。
尚、当院の地区は「2-B」にあたります。

2011年3月29日 営業時間変更のお知らせ


2011年4月1日から営業時間を変更させて頂きます。
計画停電の影響で実質営業時間が減少し予約がとりにくくなっておりましたので、より予約をとりやすくするため営業時間を30分延長致しました。
よろしくお願い致します。
 
<営業時間の変更点>
 旧来           : 10時~20時30分(最終受付19時30分)
 2011年4月以降 : 10時~21時(最終受付20時)

 

2011年4月26日 「ヒーリング クァンイン さいたまオフィス」 開業のご案内

2011年5月6日(金)、「外気功療法さいたま院」の移転、「ヒーリング クァンイン さいたまオフィス」の開業にあたり、新規メニューの公開及びメニュー管轄の移動を行っております。外気功療法さいたま院で行っていた下記メニューは今後「ヒーリングクァンイン さいたまオフィス」で実施していきます。
 
新店舗の住所・アクセス・電話番号などの情報はこちらをご覧下さい。 店舗移転のご案内
 
「ヒーリング クァンイン さいたまオフィス」に移管したメニュー
 
 
「ヒーリング クァンイン さいたまオフィス」でこの度公開したメニュー
 
今後のメニューの受け持ち・管轄は下記の様になります。
 
外気功療法さいたま院           → 主に病気・疾病などの症状改善を目的とする施術
ヒーリング クァンイン さいたまオフィス → 各種ヒーリング指導・伝授、オーラソーマ、瞑想指導・霊性修行、
                            各種エネルギーワークなど

 
「ヒーリングクァンイン さいたまオフィス」ではこれから皆様のお役に立つスピリチュアルな技術・メニューを順次公開していきます。末長くご愛顧の程よろしくお願い致します。

 

護摩の火の画像をトップページに掲載しました

行で使用した護摩の火をトップページに載せました。神のエネルギーが降りていますので見ているだけで浄化になります。軽度のうつ・自律神経の症状の方は毎日15分以上心静かに見つめて下さい。ヒーラー・気功師・治療家の自己浄化にも最適です。
 
(活用法)
・ヒーラー、治療家、気功師の自己浄化に
・症状の改善に
治したいところを意識して気(エネルギー)を受けます。
15分以上は見つめて下さい。受ける時間が長いほど良いです。毎日見ると尚良いです。
・瞑想用に
・ご祈願に
火を見つめながら心で真剣にお願いごとをします。
 
(姿勢など)
・最初に深呼吸をして心を静めます。
・座った状態で右手・左手それぞれで親指と人差し指をつけ指の輪をつくります。
 その状態で手のひらを上にし、膝に置きます。
・画像の火を見つめます。
・眼を閉じて瞑想し、第3の眼(眉間)で気(エネルギー)を受け取るのもよいです。
・終わるときには感謝の気持ちを伝えて下さい。
 
ちなみに私の携帯の待ち受け画像です。
ご活用頂ければ幸いです。

 画像データをご希望の方は画像にカーソルを合わせ右クリックをすると「名前を付けて画像を保存」と出ますので、ご自分のパソコンに保存した上でご活用下さい。(私的目的可、商用での販売は不可・無償配布は可。) 
 

護摩の火の画像を使った体験談

心不全の発作を起こしたお客様から体験談を頂きました。ご丁寧にありがとうございました。
 
『護摩を焚いている火の写真を印刷して、母に持たせました。
昨日、デイサービスでまた、発作が起きて大変だったのですが、
印刷した写真を眺めて、手をあてたら風のようなものが手にふうと入ってきて
苦しさがすつと消えたそうです。写真は、私は龍の姿が見えるような気がしますが、母は人の姿が見えるといっております。
大変ありがとうございました。とても助かりました。』
 

とても氣(エネルギー)が強い画像です。多くの方にご活用頂ければ嬉しく思います。

臨時休業のお知らせ


インドでの修行のため休業させていただきます。
皆様のお役により立てるよう力を上げて帰ってくるつもりです。
ご迷惑をおかけしますが、なにとぞよろしくお願い致します。
 
 
休業期間 : 2011年10月29日(土)~11月 7日(月)
 

 ご予約について


電話は携帯電話に転送され受けていますが、つながらないことが多いと思います。
お電話頂いても結構ですが、つながらずご迷惑をおかけすることもあるかもしれません。
よろしければ、「気功治療 予約フォーム」をご入力の上送信して下さい。
インドでも通信環境の良くないところにおりますので、ご回答は数日遅れると思います。
確認でき次第、先着順にお返事させて頂きます。
 
ご予約は11月16日(水)以降のご希望日時でお願い致します。
 

 修行について

 
今回の私の修行場は、インドでも気温が氷点下という過酷な地です。
行自体も相当に厳しいと聞いております。
果たして行を無事全うできるか行ってみなければわかりませんが、すべては神に任せ自分の勤めを最大に果たすまでです。
 
ここに来るまでに日々の行を積み重ねて来ました。
食もベジタリアンになり、量も減らしました。
体重は10㎏以上落ち、肉体・精神共に自己浄化を進めてきました。
お陰様で手足や胴や腰回りもすっかり細くなり行者のような体形ができあがりました。
 
無事行を修め、行果を得ることができましたら皆様にご報告できることもあろうかと思います。
それまではいかんせん高いハードルであるため詳しい情報を事前にお伝えするのは控えさせて頂きたいと思います。
 
行の成果により、以前に増して皆様のお役に立てればと思っております。
ありがとうございます。
 
 

2012年9月13日 臨時休業のお知らせ

ヒマラヤでの修行のため臨時休業させていただきます。
皆様のお役により立てるよう力を上げて帰ってくるつもりです。
ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。
 
 
休業期間 : 2012年9月15日(土)~9月25日(火)
 

ご予約について

 
電話は携帯電話に転送され受けていますが、つながらずご迷惑をおかけすることもあるかもしれません。
よろしければ、予約フォームをご入力の上送信して下さい。
 
 
通信環境の良くないところにおりますので、ご回答は数日遅れると思います。
確認でき次第、先着順にお返事させて頂きます。
 
ご予約は9月28日(木)以降のご希望日時でお願い致します。
 
 

修行について

 
 
今回のヒマラヤ行にあたり、出発を間近に控え少し緊張と高まる思いを感じています。
 
今回の修行場はヒマラヤでも大分奥地であり、はっきりとはわかりませんが標高は富士山の高さと同じくらいかそれ以上だと思います。
日本はまだ日中は夏の暑さが厳しいですが、当地は真冬の装備が必要な厳寒の地です。
その聖地は表に出ていない場所であり、聖者もまったくの無名ですが貴重な法が残っていると聞いています。(レベルの高い聖者は表に出てきません。)
主だったライフラインはなくまさに100年前の文明に逆戻りという感じです。
せめてお湯のシャワー位期待したいところですが、それもないようなので私は滝行のつもりで寒空の下、冷水で身体を洗わなければなりません。
 
どのような修行を行うかは詳しくは語れないのですが、厳しいものになるものと覚悟しています。
 
ともかく機は熟しその時がきましたので、やるべきことを果たすまでという心境です。
最近は自分でも自身が変わりつつあることを自覚しています。
それがより加速され一段と高い境地に到達できるよう行に邁進していきたいと思います。
 
そしてその行果を病に悩むお客様や、私の下でヒーリングを学んでいる生徒さん達に還元できるよう行を貫徹するつもりでいます。
 
修行期間中は何分不自由をおかけし申し訳ございませんが、何卒ご理解頂けます様よろしくお願い致します。

 

「月刊ザ・フナイ1月号」の中矢伸一先生の記事の中で当サイトが紹介されました

「月刊ザ・フナイ」は船井幸雄先生が発信しているスピリチュアル系言論誌で、スピリチュアルの分野の雑誌としてはかなり人気があります。
様々な分野の執筆陣がマスメディアには載らない本当の情報を独自に展開していて興味は尽きません。
その中で主力執筆陣の筆頭として論陣を張っているのが中矢伸一先生です。
「激動の時代 本物の生き方」というタイトルで、今回は副題「マコトの神の力が蘇る日は近い」と寄稿しています。
その中で私がこのサイトのコラムで書いた「只事ではない 日月神示」の全文をご紹介頂きました。
 
月刊ザ・フナイ
「月刊ザ・フナイ」は一般の書店では取扱していません。
ご注文は下記サイトからどうぞ。
また、弊店でも在庫が僅かにございます、通院中のお客様やヒーリングクァンインのサットサンガの参加者はお店でもお求め頂けます。

  
中矢伸一先生は「日月神示」を世に広めた第一人者であり、神道系ライターとしてこれまで出した本は50冊以上、累計部数が100万部にのぼります。
また「日本弥栄の会」を主宰、「月刊玉響(たまゆら)」を発行しています。
「日月神示」を中心に、日本の神・宗教・歴史(特に古代史)・思想など幅広い分野を扱っています。日本人はほとんどの人がそのルーツ(本当の古代史)や、神道・神社について知りません。
中矢先生の扱っている情報は日本人であれば誰もが知っておくべきものであり、アイデンティティの確立のためには欠かせないと考えています。
 
 
【2013年1月23日】

2013年2月3日 臨時休業のお知らせ

インドネシア修行

インドネシア修行のため臨時休業させて頂きます。
インドネシアと言えば南国の太陽とオーシャンブルーですが、今回は全く遊びの時間はありません、修行一色です。
力を上げるため、また自分自身の浄化のためにまとまった修行が必要だからです。
今回もどうやら厳しい行になりそうです。
しかし、私には待っていて下さっている難病の方々がいますので何としても最高の成果を得て帰ってきます。
そして修行明けには更に皆様のお役に立てるよう努めて参ります。
修行期間中ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんがご協力のほどよろしくお願い致します。
 
臨時休業期間:2013年2月7日(木)~12日(火)
 

 ご予約について

 
電話は携帯電話に転送され受けていますが、つながらずご迷惑をおかけすることもあるかもしれません。
よろしければ、予約フォームをご入力の上送信して下さい。
 
 
通信環境の良くないところにおりますので、ご回答は数日遅れると思います。
確認でき次第、先着順にお返事させて頂きます。
 
お待たせして申し訳ございませんが、ご予約は2月21日(木)以降のご希望日時でお願い致します。

「月刊 玉響(たまゆら)2月号」の中矢伸一先生の記事の中で当サイトが紹介されました

「月刊 玉響」は「日月神示」に関する書を多く出している中矢伸一先生が主宰する「日本弥栄の会」の月刊会報誌です。
中矢伸一先生が執筆している「日月神示」に関わる情報の他、時代を技術的・思想的に導く様々な分野の人が執筆する情報で構成され、地味ではありますが興味は尽きません。
スピリチュアル系の定期刊行物という範疇ではありますが、浮ついたところや軽薄なところがなく地に足がついた硬派な印象があります。
「日月神示」が核となっていますので、日本の神道系の神様の恩恵があるのでしょう。
「月刊 玉響」は数ある定期刊行物の中で今私が最も心待ちにしている冊子です。
「日月神示」に関心がある方、また神道系の神様がお好きな方、世の表に出ない情報をお求めの方は会員になって読まれることをお勧めします。
当院の待合室にも置いてありますので、ご関心のある方は一度手にとって見て下さい。

月刊 玉響
「月刊 玉響」の年間購読を申し込むと「日本弥栄の会」の会員になれます。
詳しくは「日本弥栄の会」HPをご覧下さい。
 
2月号では「五六七(みろく)の胎動 平成25年から始まる実践の時代」という中矢伸一先生の記事の中、「完訳 日月神示」は必携であるというところで当サイトのコラム「只事ではない 日月神示」が全文掲載されています。
 
 
日本弥栄の会HPより
『人類滅亡説まで取りざたされた世紀末もとくに何事もなく過ぎ、輝かしい21世紀を迎えたように見えます。しかし、世界に目を向ければ、地球的規模の危機が去ったわけではありません。


 温暖化のスピードは緩むことなく進み続け、環境問題は日増しに深刻さを増し、異常気象や大地震などの天変地異が相次いでいます。エイズをはじめ、鳥インフルエンザウイルスやBSE(狂牛病)といった、現代の奇病の恐怖にもさらされるようになりました。いつ終わるとも知れない国際テロリズムとの戦い、パレスチナでの紛争、朝鮮半島情勢など、世界情勢は依然として不安定です。国内に目を向ければ、昨年のリーマン・ショックで表面化した世界的な金融危機と資本主義崩壊の流れ、少子高齢化問題や年金問題、膨らむ一方の財政赤字など。前世紀からのツケは何ら解消されることなく今世紀に持ち越され、引き続いているだけでなく、むしろ問題は肥大化し、複雑化しているように見受けられます。


 いままさに私たちは、大激動の時代の真っただ中にいるのです。そのための備えをせよという警告が、大本(大本教)から「日月神示」へと続く霊脈の中で、「神」よりハッキリと降ろされていました。私たちは、「日月神示」を通して開示された御神意をしっかりと受け止め、改革への行動に移すべきです。そうしてこそ、「大難」は「小難」に変わり、本当の意味での秩序ある平和な御世が顕現するのです。神と人とが力を合わせることによって、初めて理想的社会─ ─「ミロクの世」が築かれることになるのです。


 人が神のキ(氣)を受けて一体となり、世界全体のあらゆるいのちと共に栄えるという本来の御用を果たすためには、まず「身魂磨き」をする必要があります。今の日本人は誰でも、肉体と魂の両面から、穢れに穢れてしまっているそうです。なによりもまず、その「お洗濯」をしなければなりません。「ケガレる」とは、「氣が枯れる」ことだと神示にあります。日本人が少しでも多く、メグリ(悪因縁)を解消し、真の幸福をつかむことが出来れば、もともとその魂の奥底に備え持つ「氣」を取り戻すことになるでしょう。そうした神氣を放つ身魂が、一人二人と集まることにより、やがて世を変える原動力になっていくのではないでしょうか。


 平成6年8月、「真正日本を考える会」として発足した当会は、平成9年に「日本弥栄の会」と名称を改め、今日に至っております。これまで入会して頂いた方は、累計で10,000人近くにのぼります。会の規模としてはまだまだ小さく、世の中に影響力を及ぼすまでには至っておりませんが、これからも、刻々と進展する神経綸の状況をふまえながら、着実に、「ミロクの世への道を敷く」という使命を遂行する努力を重ねて参る所存です。』
 
「完訳 日月神示」
 
【2013年2月17日】

 

2013年4月27日 臨時休業のお知らせ

バリ修行


インドネシア・バリ修行のため臨時休業させて頂きます。
早いもので2013年も3分の1が過ぎました。
2月にもバリで修行を敢行しましたが、今年に入り2回目のバリ修行です。
バリと言えばビーチリゾートをイメージしますが、今回も前回同様全く遊びの時間はありません。
お土産を買いに行く時間がとれるかどうか・・・そんな修行一色の行程です。
 
インド・ヒマラヤに行ったり、バリに行ったり・・・現地でふとした折に「なんで自分はこんなところにいるのだろう?」と思うことがあります。
それはいつも答えがありません、わかりません。
いつか年月が過ぎてその答えは分かる時が来るのでしょう。
 
行きたいと思って行ける所でもなし、縁がなければたどり着けない修行場です。
そこでどのような行果があるかは本当に神任せです。
自分自身では無事に修行を全うできる様祈るばかりです。
 
私を待って下さっている病身のお客様、また私のヒーリングの生徒さんのためにも自分の使命を果たすのみです。
皆様に良いご報告ができます様頑張ってきたいと思います。
応援して下さっている皆様、いつもありがとうございます。
 
臨時休業期間:2013年4月28日(日)~5月7日(火)
 

  ご予約について

 
電話は携帯電話に転送され受けていますが、山中で通信環境が良くないためつながらずご迷惑をおかけすることもあるかもしれません。
よろしければ、予約フォームをご入力の上送信して下さい。
 
 
通信環境の良くないところにおりますので、ご回答は数日遅れると思います。
確認でき次第、先着順にお返事させて頂きます。
 
ご予約は5月14日(火)以降のご希望日時でお願い致します。

 

2013年9月20日 臨時休業のお知らせ

バリ修行
 
インドネシア・バリ修行のため臨時休業させて頂きます。
今年に入り3回目のバリ修行です。
これまでの修行の成果は病をお持ちのお客様や、私の下でヒーリングを学ぶ生徒さん達が実感してくれています。
 
霊性修行の道は人生を超えた縁が結びつけるドラマと思います。
日頃連絡を取り合うこともない修行仲間が、修行の期間に入ると集まり、共に行に専念し、また日常の世界へ帰っていく。
インド、ヒマラヤ、バリ・・・修行中に思うことはどうして自分がここにいるのかということで、いつも不思議でなりません。
過去の人生においてもきっといつもの仲間と切磋琢磨して自らを高めてきたのでしょうか。
いつもつるんでいる様な意味の仲間と違いますが、行の大変さを共感できる仲間が数人でもいるということは幸せだと思います。
 
修行をする目的は自分の霊性を高めていくことでありますが、それ以上にその法力で苦しみの最中にいる方々の重荷を軽くしてあげることです。
また、私の経験から学びを得る生徒さん(この人たちの多くも古い仲間と思います)のためでもあります。
 
私は日頃先生と呼ばれていますが、病をお持ちのお客様や、ヒーリングの生徒さんに支えられ、多くのことを教えられここまで歩んでくることができました。
本当にありがとうという気持ちで一杯です。
ありがとうございます。
 
この感謝の思いを原動力にこれから修行に行って参ります。
 
臨時休業期間:2013年9月22日(日)~9月28日(土)
 
 

  ご予約について

 
電話は携帯電話に転送され受けていますが、山中で通信環境が良くないためつながらずご迷惑をおかけすることもあるかもしれません。
よろしければ、予約フォームをご入力の上送信して下さい。
 
 
通信環境の良くないところにおりますので、ご回答は数日遅れると思います。
確認でき次第、先着順にお返事させて頂きます。
 
ご予約は10月18日(金)以降のご希望日時でお願い致します。

ページ先頭へ