気功治療・遠隔治療の専門院 外気功療法さいたま院、埼玉県

 

 
 
 
 
 

邪気の浄化法② 

瞑想を日課にする

 

 瞑想

 

瞑想と一言で言ってもやり方は色々とあります。
近頃は瞑想が有効と知って企業でも社員研修に採り入れているところもあると聞きます。
瞑想を研修に採用している企業にはインテル・アップル・ゴールドマンサックス・グーグルなどが知られています。
 
また、イチロー、須藤元気、松下幸之助、稲森和夫、長谷部誠(サッカー日本代表)、ビートルズ、ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、リチャード・ギア(俳優)、クリント・イーストウッド(映画監督・俳優)などが瞑想の実践者として知られています。
 
一般的に瞑想には次の様な効果があります。
 

    心身がリラックスする
    直観力がアップする
    ネガティブな感情が少なくなる
    短い睡眠時間や少食で元気にいられる
    疲れにくくなる 

 
 
 
しかし、瞑想の本質的な意味は神とつながるということであり、神とつながりそのエネルギーを取り入れ意識を進化向上させていくというところにあります。
この過程で、神気が心身に取り入れられてオーラにあるネガティブなエネルギー(邪気)は浄化されます。

 
私も毎日の気功治療が終わると瞑想を行って、邪気の浄化を行っています。
そうすると、身体から色々な邪気が抜けていくのが実感できます。
瞑想状態の意識に入ると自分がいかに邪気を受けているかが体感できるのですが、通常の意識状態ではそこまでわかりません。
私も「今日の気功治療では余り受けなかったな」と思っていても、瞑想をすると出るわ出るわという感じの時も少なくありません。
瞑想状態にならないとなかなかわからないものなのです。
 
 
ヒーラーや気功師、治療家、セラピストなど人の癒しを行う仕事に携わる人は知らず知らずのうちに相手の邪気を受けています。
自分では気づいていないかもしれませんが、インドの偉大な聖者も同じ様に言っているのでこれには例外はないと思います。
 
 
瞑想は書店にいけばたくさんのノウハウ本がありますので、それで勉強することができます。
それでも一定の効果は得られるでしょうが、もっと本格的な瞑想を知りたい・学びたい、よりパワフルな瞑想・より静寂な瞑想を知りたいという人は瞑想の教師から直接学ぶことをお勧めします。
 
 
手前味噌ですが、私がスピリチュアル・ヒーラー養成部門として行っている「スピリチュアル・ヒーラー養成塾」では「メディテーション&ヒーリング講座」を設けインド密教の秘伝とされる瞑想を個別指導しています。
 
当サロンで教授している瞑想は、通常の教室の様に方法を教えるものではなく、瞑想の才能を伝授するというもので、エネルギーの種を伝授していく点に特徴があります。
それは瞑想教師から直接受けないとそれは叶わない訳で、それ故に密教となるのです。
 
 
 
瞑想の指導を直接受けるところまでは気持ちがないという方は、ご神仏を意識してマントラ(真言)を唱えて瞑想をすると良いでしょう。
マントラ(真言)というのは、ご神仏とつながるマジックワード(呪文)です。
 
自分の好きなご神仏があれば、その真言を調べて瞑想時に唱えてみてください。
また特に好きなご神仏はないという方、瞑想の初心者の方は次の真言を心中で唱えると良いです。
 
 

観自在菩薩真言


オン・アロリキャ・ソワカ


 
観音様とつながるマントラ(真言)です。
厄難除去・病気平癒・罪障消滅・才能授与・子宝・諸願成就・開運授福・霊魂や先祖の成仏・罪障消滅などのご利益が期待できます。
 
 

不動明王 慈救呪(じくじゅ)

 
「ノウマク サンマンダ バサラダン センダンマカロシャダヤ ソハタヤ ウンタラタ カンマン」
(namaH samanta vajraaNaaM, caNDamahaaroSaNa sphoTaya huuM traT haaM maaM)

大意:「激しい大いなる怒りの相(すがた)を示される不動明王よ。迷いを打ち砕きたまえ。障りを除きたまえ。所願を成就せしめたまえ。カン マン。」
(出典:wikipedia


 
不動明王とはヒンドゥー教のシヴァ神の異名。不動,不動尊などと略称する。大日如来の化身である。
忿怒(ふんぬ)の姿で火焔に包まれており,右手に剣,左手に索縄を持ち、魔を撃退する。
災害悪毒を除去し、煩悩を断ち、諸願を満足させる。

 

座り方は厳密には色々と方法がありますが、初心者の方は背筋~仙骨を立てて座ることを意識すれば良いです。

瞑想をする時間は特にありませんが、余り短時間では瞑想の効果も上がりません。
最低でも108回唱える位の長さは瞑想をした方が良いです。

 
  重度のうつや統合失調症の方には瞑想は適さないことがあります。
 

 

合わせて読みたい記事 

 
 
 
気功の予約

 

ページ先頭へ