気功治療・遠隔治療の専門院 外気功療法さいたま院、埼玉県

 

 
 
 
 
 

気功治療カルテ 【 奇病 】



 腹痛・手の痺れ、喉の違和感、耳鳴り (38才、女性)施術回数4回  

〔 病の発症から現在までの病歴 〕

腹痛:3ヶ月前から刺し込むような痛みがずっとある。採血では異常がなかった。
喉の違和感:2ヶ月前、焼きおにぎりを食べた時から嘔吐の時の感じが続いている。常に抑えられている感じ。エコー・内視鏡検査では異常がなかった。
耳鳴り:2ヶ月前からツーン・キーンという音がする。
 

〔 気功治療の経過 〕

1回目
右手の肘から小指にかけて痺れがあったが、肘の痛みがなくなり、小指の痺れもほとんどなくなった。
喉に何かが詰まったような違和感が続いていたが、詰まった感じが軽くなった。
2回目
右腹の刺すような痛みがなくなった。
喉の詰まった感じがなくなった。
耳鳴りの大きさが軽減した。
3回目
右下腹の骨盤沿いから中にかけての痛みがとれた。
体の傾きが戻った。
4回目
耳の中のキーンという音がしなくなった。
喉に残っていた軽い違和感がとれた。
右肩から右腕の痛みが取れ、軽くなった。


 

気功治療の外気功療法さいたま院、お問い合わせ

ページ先頭へ