気功治療・遠隔治療の専門院 外気功療法さいたま院、埼玉県

 

 
 
 
 
 

気功治療カルテ 【 冷え性2 】



 冷え性/遠隔療法 (48才・女性)〔東京都/中野区〕 施術回数2回


〔 病の発症から現在までの病歴 〕

  冷え性、脚がだるい。

( 服用している薬 )

  漢方薬(更年期)


( 気功治療の経過 )

  1回目後のメール 
大変お世話になりました。  
5分間深呼吸中はボロボロ涙が出てきました。  
その後は頭の中が真っ白くなり雲がプカプカ浮いているようで、体の中を電気が通っているようにブルブルって感じになり温かくなったようです。

  2回目後のメール 
今晩は~経過報告いたします。昨日の治療が終わってからお蔭様で足の裏が熱く靴下を脱ぎたくほどで驚いています。  
今まで足湯してもすぐに冷たくなり困っていました。  
乗り物で冷えても何だか自力で元に戻せてる様子。

気功治療の外気功療法さいたま院、お問い合わせ
 冷えは万病の元と言われます。
 冷え性の原因は色々とあるのですが、この方の場合はストレスを多く抱えすぎていることが原因の一つと思われました。
 初回、ストレスのエネルギーを除去するため気を送ると、ストレスのエネルギーと共に涙がボロボロと出てきました。
 当院ではストレスのエネルギーを除去する時、約50%の方が初回に涙を流されます。
 また、気の流れと血液の流れは連動しています。
 冷えという血流障害は気を流すことで血流が復活し、冷えが解消されていきます。

 

 

気功治療の外気功療法さいたま院、お問い合わせ

ページ先頭へ