気功治療・遠隔治療の専門院 外気功療法さいたま院、埼玉県

 

 
 
 
 
 

気功治療カルテ 【 自律神経失調症・社会不安障害 



 自律神経失調症・社会不安障害 (31才・女性)〔埼玉県春日部市〕  施術回数13回

 
 

 病の発症から現在までの病歴

 
7年前から自律神経失調症
常に不安感がある。
肩こり(左)
 
集中力がなく、思考が混乱する。
人の話に集中できない。そのため人に会いたいけれど恐くて人を誘えない。
頭が空になり人に何を話してよいか分からなくなる。
人の話よりも自分が変に思われないよう頑張って、とにかく必死。
 
気力が湧かず家事ができない。
おしゃれや洋服にも興味がない。
疲れやすい。
時々呼吸が浅くなり息苦しくなる。
特に生理前に上記の症状が出る。下腹部痛も出る。
胃に何かある感じで重い。
 

  服用している薬


デプロメール
 

 気功治療の経過


2回目
「前回初めて受けて翌々日から家事ができるようになって良かったです。疲れにくくなっています。人と会っても落ち着いていられるようになりました。」
 
3回目
「調子は良いです。不安感が少なくなっています。生理前なのに不安感が出ていません。1日人と会っても普通でいられました。」
 
4回目
「気持ちが落ち込んでいないです。人と会うと憂鬱になるのですがそれが少なくなっています。昔の感じを思い出しつつある感じです。」
 
5回目
施術の感想「最初からビリビリして、身体が浮き上がりそうでした。身体が軽くなりました。」
「生理の1日目はいつも重いのですが、それがないです。生理痛もないです。」
 
7回目
「寝つきが良くなり、不安感もなくなりました。」
 
8回目
「調子が良いです。寒がりだったのが解消されました。また、生理の後はいつも下腹部が痛くなっていたのですが、今回は一瞬だけですみました。」
 
9回目
「調子は大丈夫です。気持ちが落ち込んでも早く元にもどります。胃の調子が悪くなることもなくなりました。」
 
11回目
「調子が良いです。何の症状を持っていたか忘れてしまいました。電話対応や人と話すのも普通にできます。生理で落ち込んだりすることもありません。」
 
12回目
「卵巣に手を当てられているとカイロを当てられているようでした。」
 
13回目
「気持ちも体調も良いです。左肩が気にならなくなりました。人の話に集中できるようになってきています。会話でも困らなくなりました。人と会っても楽しいと思えます。」
 
 
 

 院主のコメント

 
はじめてお会いしたときは非常にオーラが重く邪気が強い印象でした。
この方の場合は自分自身のネガティブなエネルギー(邪気)もありますが、外部から憑いてきた邪気の影響を強く受けていました。
 
外部から憑いた邪気があると、自分のエネルギーがそれに奪われて気力がなくなります。
そうなると何事に対しても興味や関心がなくなります。
やらなければならない家事などもできなくなり、次第に部屋が汚れてきます。
また、自分の感情が外部から憑いてきた邪気が持つエネルギーの影響を受け、思考(感情)も支配されてしまいます。
そうなると不安感などネガティブな感情が常に出てきて自分ではどうすることもできなくなるケースが多いです。
私たちの感情は大なり小なり外部のエネルギーの影響を受けていることを知らなければなりません。
病院では気(エネルギー)が分からないからこのような診方をしませんが、これが自律神経失調症の本質です。
 
気功治療ではお客様自身が持つネガティブなエネルギー(邪気)と合わせて、外部から憑いてきた邪気も浄化していきます。
それらが浄化されてくると本来の自分に戻れるようなります。
それが解決されないと長年薬を飲んでも症状はなかなか改善されません。
気功治療は根本的原因を解決する療法であると私は考えています。
 
尚、上記「気功治療の経過」中、「身体が浮き上がりそうでした」というのは身体から幽体が少し離れている(幽体離脱)感じです。
 
 


 

気功治療の外気功療法さいたま院、お問い合わせ

ページ先頭へ