気功治療・遠隔治療の専門院 外気功療法さいたま院、埼玉県

 

 
 
 
 
 

気功治療カルテ 【 自律神経失調症 



 自律神経失調症〔イライラ・不眠など〕 (I様・39才・女性)〔さいたま市〕  施術回数4回

 
 

 病の発症から現在までの病歴

 
3か月前位に隣人が引っ越して来てから音が気になる様になった。

それからイライラする、手が震えたり勝手に動いたりする、朝早すぎる時間に目が覚める、食欲がなく余り食べられない、不安感が強く出る、首・肩こりがひどい・・・等の症状が出てきた。

 

  服用している薬

 
なし

 

 気功治療の経過

 
 
1回目
「眠りそうになった時があった。」
 
2回目
「前回受けてから肩が軽くなった。3日位気持ちが明るくなった。早朝に目が覚めたが、また眠れるようになった。」
 
4回目
「夜も眠れるようになった。余裕が出てきて、音はうるさいけれど余り気にならなくなった。積極的に色々なことがやれる様になった。昔の自分の感覚に戻ってきた、闇の中から霧が晴れてきた。施術中、左手を引っ張られているようだった、光を何度か見た。」
 
 
 

 院主のコメント

 
うつや自律神経失調症では、自分が落ち込んで暗闇の中に捕われているような感じになります。
ドツボにハマったようで自力で這い出すことができません。
気功治療でネガティブなエネルギー(邪気)を浄化ると、このようにそこから抜け出せるのです。
「光を何度か見た」というのは神のエネルギーです。
4回で「もう大丈夫です」と施術が終了になりました。
 
 


 

気功治療の外気功療法さいたま院、お問い合わせ

ページ先頭へ