気功治療・遠隔治療の専門院 外気功療法さいたま院、埼玉県

 

 
 
 
 
 

気功治療の本質とは


 

気功治療の本質は、一言で言うと「現実化の力」と言えます。
 
「現実化」とは・・・これは自分が意識をしたことを現実にする、その力です。
気功師が受け手に送る気(エネルギー)には術者の意識が反映されています。
気功師が「右肩の痛みよ、なくなれ」と思えば右肩の痛みがなくなるし、また「胃がんよ、なくなれ」と思えばがんが縮小することもあります。
 
これは気という意識エネルギーを施術目的で使用した場合の現実化です。
 
意識エネルギーは生活において様々な使い方があります。
 
        人間関係の改善
職場の人間関係、夫婦関係、親子の関係など生きていく上で関わりのある人達との関係改善ができます。縁結び、縁切りもここに含まれます。
 
        感情のコントロール
人間関係の改善とも関係がありますが、人の心を明るくしたり、心の苦しみ・ストレスを除去・軽減することが可能です。
 
        お金の融通
必要な時に必要なだけのお金を得ることができます。特に人のためになることに使われるお金は入ってきやすいです。
 
        天候のコントロール
天気予報がされていても、ピンポイントで晴れて欲しいときには晴れて、雨が降ってほしい時には雨が降ります。
 
この他にも色々と現実化はできます。
様々な物理現象を起こすことも現実化です。
スプーン曲げとか、不動金縛りとか色々あります。
私も以前は飛んでいる虫を念力で落としたり、金縛りで動けなくしたりしていましたが、今はつまらないと思うのでやっていません。
 
要は願望、思うことそのものがいかに現実になるかどうか、それが気功という意識エネルギーの力です。
 
気功師やヒーラーの力の差というものは意識したものがいかに現実になるかという点にあります。
その力を施術に適用したものが気功治療です。
 
卓越した気功師やヒーラーは意識したものを現実にする力が秀でていると言えるでしょう。
 
そう言うと、「じゃあ、宝くじで1億円あてて」というような低俗な発想をする人もいるでしょうが、本当にそれが今必要であると思うことができれば当たるのかもしれません。
 
しかし、大抵能力のある気功師やヒーラーはそのような大金を持ったとしても物欲が希薄であるため使い道がないし、金銭欲そのものがほとんどありませんからそのようなことは望まないのです。
 
逆説的な言い方ですが、現実化する力が強ければ強い程無欲になっていくのです。
 
はこの現実というものが完璧なまでに神の経綸の下に治められているという信念がありますので、自分に起きること全てが自分にとって必要なものでなおかつ意味を持っていると考えています。
そうなると現実をどのように解釈するか、という点に意識が向きます。
眼前に起こる現象がどのような意味を持っていて、それから私自身が何を学ばなければならないのかというようにみますので、力を使って自分の思うようにコントロールしようとは思わないのです。
 
今では金銭欲や名誉欲・権力欲などほとんどなくなりました。
悲しいことですが、異性に対する関心も同じようにほとんどなくなり、なんだか中性になった感じがします。
 
昔は、お金はあればあるほどいい、億万長者になりたい、商売だ、マーケティングだとか、有名になりたいとか、出世して権力を得たいとか凡庸な欲望を持っていました。
しかし、今はそのような思考に捉われることはまったくありません。
 
ただ、欲があると言えば、この世の実相の真実を知りたい、智慧を得たい、人の役に立ちたいという気持ちがあります。
 
この世の実相、この現実というものがどのようなものであるか、それを追求していくにつれ意識のエネルギーは上がっていき、意識したものが現実になるということが多くなってきました。
私はただ、病に苦しんでいる人の一助になればと思い、この現実化の力を気功治療に使っているに過ぎません。
 
【2009年9月30日】


 

ページ先頭へ