気功治療・遠隔治療の専門院 外気功療法さいたま院、埼玉県

 

 
 
 
 
 

ヘルニアの診断の8割はヘルニアではない


整形外科で「あなたはヘルニアです」と言われた方、さぞショックだったと思います。
「背骨が大変なことになってしまった・・・」そんな気持ちでしょう。
ましてや医師から「手術を要します。」と言われれば気分も灰色に落ち込んでしまいます。

さて、病院の診断がすべてではないという事例の1つとしてこの例を挙げて説明します。
ここでいうヘルニアとは腰椎椎間板ヘルニア、頸椎椎間板ヘルニアのことをいいます。
その原因は「骨と骨の間にあってクッションの役割をしている椎間板が裂けて髄核が脱出し、神経根を圧迫」と家庭医学館(小学館)に書いてあります。

確かにそのような現象は起きているのかもしれませんが、実はタイトルにもあるようにヘルニアと診断される8割は痛みの原因がヘルニアにはありません。
その証拠にまったく患部の背骨を操作することなく痛みは解消し日常生活が問題なくおくれるようになることがあるからです。
健康な人で背骨に痛みがない人でも椎間板が飛び出ている人は結構多いのです。
ですから椎間板=原因ではありません。
                                                  
当院ではあまり病名に捉われず何が原因で痛みが生じているかを気の流れから診ていきます。
そうすると頸が痛い、腰が痛いと言っているにも関わらずそこに原因はなく例えば腕とか足、または腹部に原因があることがわかります。
どこに原因があるかは人それぞれ異なります。
その原因部分を中心に患部とその周辺を施術していくと痛みは解消・軽減されます。
患者さんは背骨のどこかに問題があるのだろうと思いこんでいますからまったく違う部位を施術して痛みが消えていくことに驚きます。
手術が必要と言われていた人でも同じです。
痛みが消えていきますから「痛みの原因は椎間板ヘルニアではないのですよ。」と説明するとご納得されます。
また全く肉体上の問題はなく、ストレスという心理的要因で痛みが発生していることもあります。
その場合は心の問題を解決していかなければ痛みはなくなりません。

病院では診療報酬制度の問題で患者さんに病名を付けなければならないのです。
そのためエックス線やCTなどの検査をして視覚で確認できる問題部位を病名と結びつけて考えますが、その視覚で確認できる問題部位が原因ではないのです。

人間の肉体は部品(パーツ)の組み合わせで成り立っているものではなく、気の流れ、血液の流れというものがありそれぞれが他のところと有機的かつ複雑に結びついて成り立っているのです。
ですから患部だけを診るのではなく身体全体を診なければなりません。
これからはそのような身体の見方が主流になっていくと思います。
 
 

 

気功治療・遠隔治療の外気功療法さいたま院、お問い合わせ

ページ先頭へ