気功治療・遠隔治療の専門院 外気功療法さいたま院、埼玉県

 

 
 
 
 
 

ヒマラヤとバリの秘伝を基に作られた ヒーリングスティック

 

ヒーリングスティック 独鈷杵
 ヒーリングスティック・銅製  独鈷杵(とっこしょ)

 

ヒーリングスティックには銅製のものと、密教法具である独鈷杵(とっこしょ)と2つのタイプがあります。
どちらもヒマラヤとバリ島の秘伝を基に神気を入魂したもので、非常に希少価値のある法具です。
気(エネルギー)が分かる人はこの画像からだけでいかにこれが強力であるか分かると思います。
気に敏感な人は持つだけで身体が震えることがある位です。
 
これを身体に擦ったり、当てたりすると邪気が抜けていきます。
邪気が多く溜まっている原因部位程 反応が強く出ます。
その反応は痛みやビリビリ感、熱感、身体が勝手に動く(自発動)など多様です。
痛みを感じることが多いですが、この痛みは邪気が抵抗する痛みであり、それが抜けると症状が好転していきます。
 
またこのヒーリングスティックを使用するときに、ヒーリングオイルを塗ります。
これはインドのアーユルベーダの薬草にタイガーのエネルギー等を入れて作ったもの(全て天然原料)で、邪気を排出するのにとても強力に働いてくれます。
 

手などから気を出す気功法に、このヒーリングスティック療法を組み合わせることでより短期に効果的に健康に導くことができる様になりました。 

ページ先頭へ