気功治療・遠隔治療の専門院 外気功療法さいたま院、埼玉県

 

 
 
 
 
 

  成人T細胞白血病リンパ腫

 

  症状


成人T細胞白血病(せいじんTさいぼうはっけつびょう、ATL, Adult T-cell leukemia、成人T細胞白血病/リンパ腫、- leukemia/lymphoma)は、腫瘍ウイルスであるHTLV-1感染を原因とする白血病、もしくは悪性リンパ腫である。成人T細胞白血病(せいじんTさいぼうはっけつびょう、ATL, Adult T-cell leukemia、成人T細胞白血病/リンパ腫、- leukemia/lymphoma)は、腫瘍ウイルスであるHTLV-1感染を原因とする白血病、もしくは悪性リンパ腫である。1976年昭和51年)に高月清らによって発見、命名された。発症の原因はHTLV-I感染であり、独自の形態をもつ異型リンパ球(CD4陽性リンパ球)の単クローン性腫瘍である。予後不良因子としては、年齢、パフォーマンスステータス、総病変数、高カルシウム血症、高LDH血症があげられる。予後不良因子を持たないくすぶり型と慢性型では化学療法がむしろ免疫不全を助長し、感染症合併の要因になるため、原則として経過観察とする。急性型、リンパ腫型では極めて予後不良であるため、ただちに加療する必要がある。急性化すると極めて予後不良である。急性型と診断された患者の生存期間中央値は1年未満である(出典:wikipedia
 
 

  お客様の気功治療の体験談

 
高橋 様 (埼玉県・67才女性)

成人T細胞白血病リンパ腫
 

 
水野先生
 
 
 
こんにちは〇〇です。
 
その節は母が大変お世話になりました。
 
今では、病気だった母が嘘のように以前と変わらない生活をしています。
 
これも水野先生のお陰と思い心より感謝しております。
 
母の体験談~感謝の手紙を代筆させて頂きます。
 

 
 
今から4年前、平成20年のある日、原因不明の疲れから検査入院をする事になりました。

結果は「悪性リンパ腫」と診断されました。



私は正直治す事は考えず、自然消滅で良いと思っていたのです。

しかし・・主人や娘、親戚の心配している姿を見て治そうという気持ちに変わりました。



病状は日々悪化し、寝たきりの状態まで陥った頃、娘がインターネットで水野先生のHPを見つけ出張療法で気功を受ける事にしました。

1時間程私の体に手をかざし終えた頃、娘達が驚いた表情で私の顔を見て「顔の血色が良くなってる」と言うのです。

気分がとても良く体が軽くなったのは自分でもよくわかりました。



その後、二度ほど出張療法をして頂き、自分の足で先生の所に通うことが出来るまでに回復していました。(※院主脚注:片道約1時間)

主治医にも「数値が落ち着いています」と言われ、私自身治ったのではないかと思う程でした。



ところがその後、口の中に腫瘍ができ主治医にリンパ腫などを専攻する大学病院を紹介して頂き抗がん剤治療をする事になりました。

1週間が経った頃、髪は抜け落ち食事もまともに摂れない日々が続き涙はこんなにも出るのかと思う程でした。

辛い抗がん剤にも絶え続け、数ヵ月後やっと退院が決まり治ったと思っていた矢先、定期検査で再発と診断されました。

二度目の抗がん剤が始まり一度目より強い抗がん剤のため、顔はムーンフェイスになり浮腫む事で体重も増え体も重く想像を絶する辛さでした。

そして、二度目の抗がん剤が終わり、またやっと退院までこぎつける事が出来ました。

その後、通院と気功を併用している際、水野先生は私に「高橋さんには抗がん剤は合わない」とおっしゃいました。

その言葉が頭から離れず過ごしていた矢先、又再発してしまいました。



主治医は今すぐ入院して治療しなければ1週間後の命も分からないとまで言いましたが、私は水野先生の言葉を信じ入院も治療も拒否しました。

主治医は最後まで反対していましたが私の気持ちは変わりませんでした。

取り敢えず、1週間後の数値を見たいと言われ何としても数値を下げたいと思い水野先生に託しました。

すると1週間後、数値は下がっていたのです。

私も最初、耳を疑いとても驚きました。

数値が下がるなどあり得ないと言っていた主治医が何より一番驚いていたのを覚えています。



その後は落ち着いた日々を過ごしていましたが、ある日突然、下痢が止まらなくなり栄養失調と高熱のため意識を失い入院を余議なくされました。

孫の誕生日を兼ねた旅行が近かった為、水野先生に遠隔療法をお願いした所、徐々に下痢が止まり楽しみにしていた旅行にも行く事が出来る程良くなりました。

その後10日程入院し、退院した今は水野先生の気功を受けながら時折、定期検査に行ってる日々です。



水野先生の言葉を信じ決断した今、とても有意義で充実した日々を送っています。

何かあれば水野先生が居ると思う事でとても心強く不安や心配はありません。



水野先生には心より感謝しております。

本当に有難うございました。





                                                          高橋
 
 
 
 院主からのひとこと
 
 
はじめて高橋様とお会いしたのは高橋様のご自宅でした。
母が悪性リンパ腫なので自宅で施術をしてほしいと娘さんからご依頼を頂き出張療法を行いました。
その時は高橋様は仰向けでけだるそうな表情で布団に横たわっていたのを覚えています。
 
初回の施術をした後、リンパ腫で腫れていた鼠径部(ソケイ部)の腫れがひいて楽になったそうです。
4回目の施術をした後、鼠径部の腫れのため足が組めなかったのが組めるようになり、病院では「炎症だったかも」と誤診を疑うような発言も出てきていました。
 
高橋様は施術を受けると「顔まで凄く温かくなった」「身体中が熱くなった」そうです。
よく施術が終わると「来る前と全然違う!!」と喜ばれていました。
そうして施術を受けるごとに体調が回復していきました。
11回目の施術の時には「最近はカラオケでストレス発散をしているのよ」と笑顔が出る位回復していました。
 
その後、調子が安定していたのですが上顎に腫瘍ができたと来院されました。
口腔内を見ると確かに上顎に大きな出来物がありました。
病院では精密検査をしなければならないがおそらくはがん(悪性腫瘍)であろうと診断していました。
私はその場で「これはがんではないと思います。良性の腫瘍でしょう。」と高橋様にお伝えしました。
私は腫瘍の気を判断の根拠にそう伝え、心配しないように言いました。
 
病院で診断結果が出て、やはりがん(悪性腫瘍)ではなかったということがわかりました。
しかし、抗がん剤治療をすることになりしばらく高橋様の来院はここで途切れます。
 
それから約2年の後、高橋様からまたご連絡がありました。
その間、ずっと入退院を繰り返し厳しい抗がん剤治療を続けていたそうです。
久しぶりにお会いした高橋様はかつての快活でお元気だった面影はなく、抗がん剤治療で全身ボロボロになっていました。
 
お客様がどのような治療を選択するかは私が関与することはありません。
しかし、この時だけは高橋様がこのまま抗がん剤治療を続けていては死んでしまうと直観しました。
病院での治療を止めさせるのはお客様の生死に関わることであり、人生を大きく左右することになります。
伝えるべきか、伝えないべきか…
この時、私は一度院内から外に出て新鮮な空気を吸いに行きました。
そして、クールダウンした頭で判断し、やはりここは伝えなければならないと決意し高橋様に「抗がん剤は高橋さんに合っていないのでやめて下さい。」と穏やかな言葉で伝えました。〔この時の白血球:1300〕
※成人の白血球の正常値(3300~9100)
 
その助言の効果もあったのでしょうか、高橋様は主治医に抗がん剤治療を止めると伝えました。
その時主治医には1週間後の命の保障はないと言われたそうです。
それでも高橋様は病院でのその後の治療を一切断りました。
主治医の先生からは再三強く治療を勧められていましたが、高橋様は気功治療だけに絞りました。
この時抗がん剤をやめて白血球の数値は38000までも上昇し38℃~39℃の熱が出ていました。
主治医の先生には気功治療を受けると伝えていませんでしたので、主治医の先生もご心配になったことと思います。
しかし、主治医の先生の意に反してその後の数値は徐々に回復していきました。
それは常識的にはありえないそうです
 
抗がん剤を長くやっていたため、その毒素で手足の痺れもひどい状態でした。
足には鉛が入っている様だと表現していました。
爪も真っ黒で、髪も抜けてしまっていました。
顔色も浅黒く艶もない状態でしたが、気功治療を続けていくうちに薄皮をはがす様にその悪いところがなくなっていきました。
 
体調が回復に向かっている中、突然に激烈な下痢が始まってそれが止まらなくなりました。
病院で検査をしても下痢の原因は不明ということでした。
四六時中の下痢が約1ヶ月続き、次第に体力も落ちていき入院することになってしまいました。
病院での治療はもう受けないと断言していた高橋様が入院されたので、私はこの時ももうダメかなと思わずにいられませんでした。
 
高橋様の入院中は遠隔治療を行っていました。
下痢が続いていたある日のこと、突然黒いコールタール状の便が出て下痢が止まりました。
それからというもの、体調が加速度的に回復し数値も正常値に近づいていきました。〔その後白血球5200に〕
日常生活にも支障がなくなってきました。
 
断食をやっていても体内の老廃物の塊が黒い便で出ることがあります。
その黒い便は長期に渡って摂取した抗がん剤の毒素の塊だったのでしょう。」と高橋さんは述懐しています。
高橋さんは抗がん剤を受けている期間中ずっと私が気を入れた「気功水」をガブガブ飲んでいました。
私が「気功水を飲んで抗がん剤の毒素を出して下さい」とお勧めしたこともあるかと思いますが、喉も渇いて仕方なかったようです。
しかし、飲めども飲めども尿は余り出なかったそうです。
「あの時飲んだ気功水が細胞に溜まっていて、それが長期の下痢になって毒素と共に出て行ったのでしょう。」と高橋さんは言います。
まったく人体というものは人知を超えた不思議な働きをするものです。
 
今では数値も問題なく、日常生活も普通の元通りの生活に戻りました。
「何を食べても美味しいんです。」と高橋さんは笑顔で語ります。
また、寿命を頂けたからでしょうか、日々生きていることに感謝の思いが絶えることがないと言います。
そうした見えないもの(神)への敬虔な姿勢には頭が下がる思いがします。
高橋様は感謝の思いを込めて、このメールを送ってきて下さいました。
自分の壮絶な闘病体験が自分と同じような境遇にある人の目に留まるようにとの願いがこのメールには込められています。
 
 
ご相談ご予約

 

ページ先頭へ