気功 がん がんに良い気功治療

 

 
 
 
 
 

気功治療、がんからの気功による回復

がん 回復

気功治療 の対象になる がん


上咽頭ガン・中咽頭ガン・中咽頭ガン・下咽頭ガン・甲状腺ガン・副甲状腺ガン・肺がん・食道ガン・胃ガン・結腸癌・肝細胞ガン・胆管細胞ガン・胆嚢ガン・胆管ガン・膵臓ガン・がん性腹膜炎・腎細胞ガン・腎盂ガン・尿管ガン・膀胱ガン・前立腺ガン・精巣腫瘍・メラノーマ(悪性黒色腫)・基底細胞ガン・乳がん・子宮ガン・子宮頸部腺ガン・子宮体ガン・卵巣ガン・卵管ガン・膣ガン・外陰ガン・脂肪腫、白血病、多発性骨随種、良性腫瘍・・・

 乳がん

気功治療体験談、乳がん

 H様(42才、女性)
ここにある「しこり」とはがん巣のことです。体内のがんは術後の経過がわかりにくいところがありますが、乳がんは外部からの視診が可能ですから変化が分かりやすいのです。がんに限らず全ての病気の改善は血液・リンパなどの体液の流れを良くすることが肝心です。その感じが文面から読み取れます。 

 

 肺がん・直腸がん

気功治療の体験談、直腸がん・肺がん

H様(42才・女性)
がんの施術をする時は、気が良く流れると患部の臓器が動く感覚があります。これは多くの方に共通する感覚です。患部の臓器がひとりでに動くというのは他の療法ではなかなか体験できないものだと思います。

 肺がん~抗がん剤の副作用抑制/遠隔療法

気功治療体験談 肺がん抗がん剤の副作用抑制

 I様(81才・男性)
抗がん剤はがん細胞と正常な細胞の細胞分裂を抑える薬で毒をもって毒を刺す、という療法です(実際はそれで制することは難しいのですが)。I様以外にも多くの方の強烈な副作用を気功で軽減してきました。白血球も5,900あり免疫力も元気です。
 

 がんの気功治療についてのQ&A  

 
〔波動の法則で読み解く〕 なぜがんは再発するのか?


 
気功治療のがんへの効用
           

① がんが発生する原因はストレス
② がんを克服するための4ヶ条
③ 手術の危険性~「がんが怒る」現象とは~
④ 抗がん剤の危険性
~抗がん剤は細胞分裂を阻害する薬
 
⑤ 放射線治療の危険性
~フラッシュシンドロームとは?~
 
⑥ 生活習慣と心の運用法を変える
⑦ 気功治療は自律神経のバランスを整える

   抗がん剤を考える   
                                                                     
  
がん 気功治療ノート     がんについて思うことをまとめたページです。お気軽にお読み下さい。

     
気功治療カルテ 【各種がん】  当院のがん療法についての記録



外気功療法さいたま院、お問い合わせ

 

 

 

ページ先頭へ