大腸憩室炎

 

 
 
 
 
 

気功治療カルテ 【 大腸憩室炎 

 

大腸憩室炎 (40才・男性)〔東京都葛飾区〕 施術回数7回  

 

 大腸憩室炎とは


大腸憩室症は、時に下痢、軟便、便秘などの便通異常、腹部膨満感、腹痛などの腸運動異常に基づく症状、つまり「過敏性腸症候群」に似た症状が起こるものです。
合併症として大腸憩室炎が発症すると、その部位に限局した強い腹痛が生じます。また下痢、発熱、血便などを伴うこともあります。憩室炎は、憩室内に便がたまって起こるとされていますが、進行すると腸に穴があく穿孔、穿孔性腹膜炎、狭窄による腸閉塞などを生じることがあります。時に右側の上行結腸に起きた憩室炎の場合は、急性虫垂炎に似た症状のこともあり、実際、憩室炎と虫垂炎の判断がつかないまま、手術することもあります。手術までいかないとしても、時に熱が出て、ちょっとお腹を触ると、とても痛がり、脂汗をかいているような人もいます。

〔引用:
All About
 

 病気の発症から現在までの病歴

 
5年前から大腸憩室炎による血便が頻発しています。
何度か病院で検査を行っても出血の場所が特定できず今に至っています。
出血がひどく貧血になる位です。
はじめは1年に1回位でしたが、最近は2カ月に1回の間隔になっており、仕事にも影響が出ています。
1か月前に1週間入院治療をしました。
普段からお腹がモヤモヤしており、またそれに伴い不眠も患う様になりました。
間食や肉食を断ち、食事量も減らしていますが治りません。
 
 

 治療歴 

 
病院
鍼灸院3年前~
 
 

 服用している薬


特になし

 

 気功治療の経過


 第1回目 


「左足が棒になったみたいだった。左下腹部がアイロンを当てられている様に熱かった。」
 

 第2回目 


前回からモヤモヤするのが少なくなっている。
 
「左足が浮いている様だった。」
 

 第4回目 


「精神的にとても気持ち良かった。」
 

 第5回目 


痛みがほとんどなくなった。
環境は変わっていないが、ストレスは感じなくなっている。
 
「お腹が大分スッキリした。」

 第7回目 


痛みはもうほとんどないといってよい。
 
「いつもと違う。症状が抜けた感じがする。」
 
 
 

  院主のコメント

 
気功治療では症状の原因となる邪気を除去・浄化していきますが、強くまとまった邪気は足から抜けていきます。
「足が棒になったみたいだった」「足が浮いている様だった」とご感想を頂きましたが、普段他の症状でも足から抜けていく感じを受ける人が多くいます。
足が重くなったり、痺れたりしてから抜けてスッと軽くなります。
 
大腸憩室炎に限らず腹部の強い痛みは気功治療で楽になることが多くあります。
お悩みの方はどうぞご利用下さい。
 
 

気功治療の外気功療法さいたま院、お問い合わせ

ページ先頭へ